BUNBUNBIKE.COM

【初心者でもできる!】ZX9Rのサイドウィンカー交換方法してみた

初心者でZX9Rのサイドウィンカー交換方法してみた

皆さんおひさしぶりです♪
最近Insatgramの更新もおろそかになっていますブンブンバイク.comです。

今年の初めにウィンカーを通り魔におられてしまい、そこからガムテープで補強していましたが、
漏電とかも怖いので、交換したいなーと思っていました。
バイク屋さんに問い合わせてみると逆車なので交換費用が2万円と言われました…笑
さすがに高すぎる!!となったので自分で交換してみることに!!

ということで、今回は整備初心者の私がZX-9Rのウィンカーを交換してみました。
すべてが初めてだったので難しかったですが、一度交換方法を覚えてしまうと案外出来そうので参考にしてみてください。

準備する道具と購入したパーツ詳細

準備する道具

・一般的なドライバー(マグネット付き)
・ZX-9Rについている工具セット一式
・少し太めの針金線(ホームセンターで購入)
・防水ゴムテープ(黒)

 

今回購入したパーツ

商品名:ZX-9Rウィンカー

 

 

さて、準備が整ったところで早速作業に入りましょう。

 

ステップ1.サイドカウルを外します

 

まずはサイドカウルを外します。
※外すネジは下記の通りです。
※画像を入れる。

外す際にカウル同しをひっかけている爪があるのでが、これを折らないように注意をしながら外します。
またサイドカウルを外すとウィンカー付近にダクトボックス(黒い三角の箱)があるので、下に引いて外してください。

 

ステップ2.ウィンカー線を外す

 

サイドカウルを外し終わったら、つぎはウィンカーの配線を外します。
フロントカウルの下に小さなカバーがあるので、それを外すと下から配線が見えます。

作業を行う前に注意点がいくつかあります。

まず、配線を外す前に必ず携帯で写真を取っておいてください。
取付時に間違えないようにです。

それと、私がやらかしたのでのちのち出てきますが、外したウィンカー線(プラグ部分)同士が接触するとヒューズが飛んでしまうので、片方を外し終わったら必ずテープで巻くなど、プラグ同士が絶対に接触しないようにしてください。

カワサキ純正パーツを購入している場合は特に加工の必要はありませんが、純正類似パーツを購入している場合はプラグの太さが合わないので、無理やり広げる必要があります。
※私はペンチで無理やり広げました。

※画像を入れる。

 

 

ステップ3.ウィンカーを外す

 

配線を外し終わったら、次にウィンカーを外します。
ウィンカーを外すには、フロントカウル側に回り、外すをウィンカー側(フロントフォーク付近)のカバーを外して、ネジ緩めて外します。

※画像を入れます。

私の場合はウィンカーが折れていたので、カウル外側から抜き取って外しました。(笑)

これでウィンカーが外れました。
※画像を入れる。

 

ステップ4.ウィンカーを取り付ける

 

 

いよいよウィンカーを取り付けます。
ウィンカーを取り付けるのは外した手順と逆になりますが、ここでなかなか苦戦しました。
まず、私が純正類似品を取り付けたため配線が短く、フロントカウルまで配線を持っていくのにひと苦労。
そしてなにより、配線を通す場所がフロントカウルとエアダクトの間の細い道を通す必要があり、フロントカウルを外さずに作業したので無駄に作業時間がかかってしまいました。

※確実に取付を行いたい場合はフロントカウルを外した方がウィンカーの取り付けは絶対に楽です。
リンク:フロントカウルの着脱についての参考サイトはこちら←

私の場合、下記手順で取り付けを行いました。
①ウィンカーの線にホームセンターで購入した少し太めの針金線を巻き付けます。
②ウィンカーを穴にはめ込みます。
③針金を巻いたウィンカー線をJの字に曲げて、フロント側までもっていきます。
④ウィンカー線をつなぎます。
⑤外したフロント配線下にある小さなカバーを取り着けます。

 

冒頭でも触れましたが、ウィンカーのプラグは純正と類似品で接続方法が異なります。
純正品はプラグ端子が細いのでそのまま着けかえれますが、私が購入した類似品はプラグ端子太かったため、メス側の端子を無理やり広げて加工する必要がありました。
ウィンカーをつなぐ際は、テープで巻いているプラグを一つずつつなげ、繋げ終わったら防水テープでしっかり巻き付けてください。
何回も言いますが、プラグ同士が接触するとヒューズが飛んでしまい、ウィンカーがすべて付かなくなります。

 

ステップ5.ウィンカーの裏プレートを着ける

ウィンカーの配線が無事に接続出来たら、ウィンカーの裏側にあるプレートを取り付けます。
これは一人では厳しいと思い、ここは夫婦で作業を行いました。
一人がサイドカウル側から手を入れてプレートを支え、もう一人がフロント側からネジを入れます。
取り付け終わったら外したカバーを着けます。
※フロントカウルを外せばすべて一人で行えます。

 

ステップ6.サイドカウルを着けます

この時、外す際と同様に爪の入れ方に注意してください。
入らないからと無理に力を入れると爪が折れる可能性があります。

 

ステップ7.完成

これでウィンカーの交換作業が完了です。
※画像を入れます。

私はプラグ同士が接触したのでヒューズが飛んでウィンカーがすべてつかなくなりました。
焦った私は、近くのサイクルワールドというバイクショップに持っていくことに。
整備士さんがプラグやヒューズについてとても丁寧に解説してくれたのでとても助かりました♪

 

➡サイクルワールド須磨

 

まとめ

いかがでしたか?
初心者の私でも何とかウィンカーの交換を行うことが出来ました。
とはいえ不具合がでたので、すべて私一人というわけではありませんが…笑

私は料金帯や自分で整備したいという思いで自ら交換しましたが、安心してバイクライフを送りたいライダーは料金はかかてもバイクショップで交換していただいた方がトラブルも少なく、確実かと思います。

それと整備をする際は、やっぱり基本的な工具セットは揃えてから作業を行ったほうがいいですね(笑)
勉強になりました!

では皆さん、また何か有力な情報があればブログで更新しますので、それまでおまちを♪